物販・お土産

物販・お土産
展勝地レストハウス スタッフおすすめ!ピックアップ商品

地域の伝統・文化・技術の発信源としての役割

「そこに行かなきゃ手に入らないもの」「地元の逸品」を目指して市内、または県内中心の物産品を取り揃えております。

伝統技術の逸品、特産の逸品、地元食材の加工品、昔から使われている道具、物産品を通じて、文化や技術、伝統の発信源となりながら、お客様に喜ばれる、ホッとするようなギフトのご提案をさせていただいています。

幅広い世代のお客様へ、新たな発見、または昔懐かしい思い出を蘇らせていただけるような、そんな品揃えと店づくりを目指します。

各売り場担当スタッフ厳選 カテゴリー別 おすすめランキング

岩手の自然と、伝統の技がつくりだす美味・珍味に舌づつみ!「食品・加工品」おすすめランキング

自信を持ってオススメ!! 今月のイチオシピックアップ商品はコレ!

2017年07月27日 更新

いろんな料理にあう、良質のタンパク質&低カロリー食品!長さ80cmは圧巻!

麸は、アミノ酸を多く含む良質のタンパク質のグルテンから出来ています。植物性のタンパク質、低カロリーで離乳食にも使われる消化の良い食品です。

東北にも様々な形状や味覚の「麸」があり、当社でも県内各地や近県の麸を取り扱っています。その中でも当社の食堂メニューで使用しています山形県東根市の六田麩「ながーい麸」と宮城県登米市の「油麩」をご紹介致します。

六田麩「ながーい麸」は、山形県東根市の麸一筋の老舗“文四郎麸”を会社旅行で訪れ、懐石料理を頂いたことをきっかけとして当社でも扱うことになりました。焼き立ての麸は、フランスパンのようで焼き上がった麸のすだれは圧巻でした。お客様にもこの感動をそのままお届けしたいと思い、80cmという長さのまま、販売させて頂いているのは当社だけです。

そして、宮城県登米市の「油麩」は約25cmのこちらもフランスパンのような形状です。
登米地方では、昔、お盆に精進料理を食す風習があり、その精進料理でタンパク源として、グルテンを油で揚げ、コクをもたせた油麩が誕生したそうです。

当社では、季節替わりの蕎麦定食、お弁当の中に六田麩「ながーい麸」は天ぷらに、油麩は夕顔煮として提供させて頂いています。

「長〜い麸」「油麩」
価格:長〜い麩 680円(税別)
油麩 432円(税込)

当社で麸を使ったメニューの一例です

月替り蕎麦定食 1,630円(税込)

1.手打ち蕎麦⋯北上後藤野産そば粉
2.天ぷら⋯じゅんさい・姫竹(新もの:岩手県八幡平)・六田麩(山形県東根市)
     ※六田麩は、壊れやすいので水で一度戻してから切ります。
      そして出汁つゆでゆっくり煮出して下味をつけてから、
      当社では、唐揚げや天ぷら、胡麻酢和えにします。
3.蒸しなす生姜添え
4.江刺桃太郎トマトと姫竹の水煮
5.おひたし(つるむらさき)
6.六田麩(山形県東根市)とトマト、きゅうりの胡麻酢かけ
7.葛巻山ぶどう酢じゅんさい
8.油麩(宮城県登米町)と揚げなす(県産)の煮浸し
9.じゅんさいとろろ 梅肉のせ(岩手県八幡平)酢 梅肉



守り継がれて来た伝統の技から熱意が生んだ新技法まで岩手の匠が作り上げた逸品たち「工芸品」おすすめランキング

自信を持ってオススメ!! 今月のイチオシピックアップ商品はコレ!

2017年10月02日 更新

稔りの秋、食欲の秋!「鉄」と「木蓋」でお米を美味しくするごはん鍋

岩手を代表する伝統工芸品 南部鉄器。
南部鉄器と言うと、鉄瓶を思い浮かべる方が多いと思いますが、稔りの秋、食欲の秋にちなみ、鉄瓶以外の鉄の調理器具として、お米を美味しくするごはん鍋を紹介します。

鉄鍋は、米の甘みと旨味を粒に閉じ込めたまま炊き上げます。
鉄は熱の伝わりが優しく鋳物の表面が水の不純物を取り除いてもくれます。
不要な水分も木蓋が吸うのでしっかりとした、歯ごたえがありながら、柔らかくふっくらしたご飯が出来ます。

お米が大好きだという東京にお住まいのお客様で、以前は土鍋でご飯を炊いていらっしゃったとの事でしたが、このごはん鍋に変えて、食べ続けてから手放せなくなったことを力説されていました。

岩鋳 ごはん鍋3合炊き木蓋付き
3合炊き価格:19,440円(税込)

南部鉄器は、盛岡市と奥州市水沢区の2ケ所で主に製造されています。全国に鉄鋳物の産地がありますが、この盛岡市と奥州市水沢区で作られているものだけを南部鉄器と呼びます。

当社では盛岡市の(株)岩鋳、(株)壱鋳堂、奥州市水沢区の(株)及富、こちらの3社の企業の商品を取り扱っています。

(株)岩鋳

上記のごはん鍋を作られている企業です。明治35年創業以来、南部鉄器のトップメーカーで鉄瓶だけにとどまらず、南部鉄器の伝統を守り通し、さらに新しい挑戦を続けている企業です。

(株)壱鋳堂

カラフルな色合いと従来の鉄瓶より丸みが強いコロンとした形が特に女性に人気です。伝統工芸品の新しい形を模索して現代の日常生活にマッチする南部鉄器づくりに力を入れている企業です。

(株)及富

嘉永元年創業。奥州市水沢区の老舗の企業です。代々受け継いできた伝統の形や模様など守りつつ、大きさや色などを変えて南部鉄器づくりに力を入れている企業です。

旅の思い出に、家族や大切な人への贈り物にお土産におすすめの商品を全カテゴリーからピックアップでご紹介「お土産」おすすめランキング

自信を持ってオススメ!! 今月のイチオシピックアップ商品はコレ!

2017年10月02日 更新

大切な人にホッと温まって欲しい。 豊かな表情が特徴の粉引のカップ

作品に惹かれて、初めて陶房金沢さんの工房を訪ねた時、粉引(こひき)とういう技術で作られたこのカップで頂いたお茶の緑色がとても美しく、美味しそうに見えたのがとても印象深い出会いでした。

陶房金沢さんでは、陶土は信楽の赤土と白土、地元で採取した粘土をブレンドして使用しています。独自にブレンドした化粧土(白土)を生掛けし、釉薬には、天然の木灰を用いることで柔らかな風合いを醸し出しています。化粧土の濃淡・流れによる変化・高台付近の指跡・土味(どみ)(土の味わい)など、粉引作品ならではの豊かな表情が特徴です。

陶房金沢さんとは、2年ほどお付き合いをさせて頂いていますが、当店では、ご自分用にと買われて行くお客様が多く、今、人気の作家です。

空気のにおいが秋のにおいになり、肌寒くなってくると、大切な人にホッと温まって欲しいと送りたくなる商品ではないかと思っています。

陶房金沢 カップ
価格:粉引しのぎ湯のみ 2,160円(税込)
マグカップ 3,240円(税込)
陶器・磁器

当社では、陶房金沢さん以外にも県内で窯を持ち、岩手の美しい景色を想像させるような様々な表情の色、形をした商品を作られている工房さんの商品を取り扱わせて頂いています。

「四季折々の生活の中で土の香りのする作品作りを目指しています。」その言葉の通り、岩手の土を主に使い、土の表情をとても多彩な技術を用いて、質感、色、形、日常生活の空間に幻想的な存在感の炎がともるような作品を、盛岡市で作られている〈如月窯 雪ノ浦裕一〉さん。

土から出来る陶器に対して石から出来る磁器。

滝沢市で作られている〈陶來 大沢和義〉さん。青味がかった濃厚な白とやわらかい曲線がとても美しいな、とみとれた商品が陶來さんとの出会いでした。陶磁器職人・漆器職人が製作している介護食器「てまるプロジェクト」の代表でもあります。

トップへ戻る